NEWS

ニュースリリース

世界遺産、高野山で初の本堂内納骨堂「遍照閣」が開設 2022年3月末竣工に向け、営業統括事業者として販売開始 ~寺院経営のDXを推進し、業界の発展を支援~

2021.12.15プレスリリース

 マーケティング支援や教育事業を展開する株式会社グローバルキャスト(所在地 愛知県名古屋市中村区、代表取締役 川口 英幸)は、高野山遍照尊院(所在地 和歌山県伊都郡高野町)が高野山初となる寺院本堂内に屋内型納骨堂「遍照閣」を開設することを受け、2021年12月15日(水)より、営業統括事業者として販売及びマーケティング支援を開始いたします。

屋内型納骨堂「遍照閣」について

 世界遺産である高野山の寺院「遍照尊院」の本堂内に初めて開設される屋内型納骨堂です。
 「遍照閣」が開設される遍照尊院は、かつての征夷大将軍である坂上田村麻呂の勅命により建てられたと言われている由緒ある格式高い寺院となります。「遍照閣」自体も豪華絢爛で、高級感あふれる環境で遍照尊院の僧侶が毎日故人を供養いたします。宗旨・宗派を問わずどなたでも利用することができ、オンライン参拝も可能な環境を整えているため、遠方の方でもリモートで参拝することができます。

 納骨壇は4種類構成で、中でも「紫雲の間」は、空海が彫ったとされている胎蔵界大日如来像を囲む形で配置し、1基750万円で先着少数の限定販売となります。その他にも、紫雲の間と納骨壇の大きさは同じで配置場所が異なる「金剛の間」が1基500万円、お墓を立てる費用と近しい1基300万円の「登天の間」や、お一人様用である1基100万円の「萬燈の間」など、多様化したニーズに対応しております。各区画の詳細は、遍照閣受付センターへお電話にてお問合せください。

 「遍照閣」のターゲット層としては、50代後半以上の中でも、高級な納骨堂にニーズのある富裕層や、高野山を尊ぶ方など価値を感じていただきやすい方がコアターゲットとなります。分骨を検討するタイミングや、生前に新規でお墓の購入を検討するタイミングなどで購入されると想定しております。

背景と目的

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、働き方や生活様式が大きく変化する中、様々な業界でニューノーマルへの対応が求められ、さらなるDX推進が必要不可欠となってきております。当社は、以前より不動産事業者や店舗・施設、企業のDXを推進すべく、テクノロジーを用いた様々なサービスを提供しており、この度、屋内型納骨堂「遍照閣」の総販売元として販売及びマーケティングを一任いただくこととなりました。
 世界遺産にも認定されている高野山は、1200年以上にも及ぶ由緒正しい仏教の聖地として観光名所にもなっておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大により、来訪者数の減少などの影響を受けておりました。
 今回新たに開設する「遍照閣」は、ニューノーマルに対応すべく、オンライン参拝も可能な新しいスタイルの納骨堂となっており、マーケティング支援企業としてこれまでに培ってきたマーケティングノウハウを活かし、新型コロナウイルス感染拡大による来訪者数の減少対策と、DXの事例が少ない寺院経営のさらなるDX推進を支援してまいります。

営業統括事業者として、販売提携先の募集を開始いたします

 この度、屋内型納骨堂「遍照閣」の営業統括事業者として販売及びマーケティング支援を行うこととなりました。2022年3月末の竣工に向け、現在、先行予約販売の販売提携先を随時受け付けております。
公式ホームページ:https://henjokaku.jp/entry/

■販売提携企業様のお問い合わせ先
株式会社グローバルキャスト セールステック事業部 担当/朝居
MAIL:henjokaku@global-cast.jp
TEL:052-433-7184

お問い合わせ先

【読者・一般のお客様からのお問い合わせ】
株式会社グローバルキャスト セールステック事業部 担当/朝居
MAIL:salestech@global-cast.jp
TEL:052-433-7184
【本リリースに関する報道関係者のお問い合わせ】
株式会社グローバルキャスト PR事務局 担当/菅沼・谷口
MAIL: gc.irpr@global-cast.jp
TEL:052-265-9288/FAX:052-433-7178

関連リンク

リリース文章全文(別ウィンドウ:PDF)ダウンロード