NEWS

ニュースリリース

不動産管理業務をDX化し、管理会社の業務効率化を支援! 賃貸物件向けスマート入居者管理アプリ「conshelly」サービス提供開始

2021.09.01プレスリリース

 マーケティング支援や教育事業を展開する株式会社グローバルキャスト(所在地 愛知県名古屋市中村区、代表取締役 川口 英幸)は、2021年9月中に不動産会社・物件オーナー様のお悩みをテクノロジーの力で解決するサービス「くらしすたんとfor DX」内にて、管理会社または大家さんと入居者をつなぐ賃貸物件向けスマート入居者管理アプリ「conshelly(コンシェリー)」のサービス提供を開始いたします。これまでアナログで行ってきた業務をIT化し、煩雑な業務を簡単に一元管理することで、“DX”を通じて、不動産会社・物件オーナー様の業務効率化を支援いたします。

「conshelly」とは

 管理会社と入居者が簡単にやり取りできるマンション管理アプリです。物件からのお知らせや契約状況を確認できるだけでなく、チャット機能を用いて気軽に入居者とのやり取りが可能なため、電話対応などの業務が不要となり、管理会社様の業務効率化やコスト削減につながります。また、改正民法にも対応し、物件の管理・契約情報などアナログで対応していた業務のDX化を推進いたします。

【入居者向け機能紹介】

■ルームメニュー
 物件からのお知らせや契約状況、ゴミカレンダーなどの物件に関する情報を確認することが可能

■ライフスタイルメニュー
 天気予報、ARメジャー、星座占い、ニュースなど生活を彩るコンテンツを閲覧することが可能

※今後も新たなサービスの追加や機能拡張を予定しております。

【導入メリット】

■入居者対応の簡略化
 チャット機能を用いて入居者へ連絡することができるため、電話対応などの業務が不要に
 また、トラブル発生時も業者と入居者が直接やり取りできるよう工夫し、煩わしい作業や対応を簡略化することが可能

■管理業務の時間短縮
 管理者画面より入居者からの問い合わせチェックやお知らせを一斉に配信することができるため、管理業務の無駄を削減し、短時間で様々な物件の管理が可能

■問い合わせ数の低減
 アプリ内の「よくある質問」や「各種ご案内」にアナウンスを入れることができ、あらかじめ記載しておくことにより些細なクレームや問い合わせの回数を減らすことが可能

サービス提供背景と目的

 近年、高齢化に伴い労働人口が減少しており、今後はDX化による業務効率化が必要不可欠となります。当社は、高層オフィスタワーの企業・商業活性化につながるスマートフォンアプリ「WORKER COMPASS(ワーカーコンパス)」や、不動産会社・物件オーナー様のお悩みをテクノロジーの力で解決するサービス「くらしすたんとforDX」など不動産事業者様向けの様々なサービスを提供しており、この度、管理会社様のさらなる業務効率化を支援すべく、本アプリの提供に至りました。
 本サービスを通じて、入居者へのお知らせ周知や連絡などを未だにアナログな形で行っている不動産業界のDX化を推し進め、物件の管理、住居環境の保持改善など様々な業務や管理手法をデジタル化することで、物件の稼働率維持・利回り向上の実現をITの力でサポートいたします。
 当社は、今後もマーケティング支援会社として、これまでに培ってきたマーケティングノウハウを活かし、幅広いメーカー・事業者様の持続的成長・業績向上を支援してまいります。

「くらしすたんとforDX」とは

 テクノロジーの力を用いて業務の効率化を実現する不動産業界の課題解決サービスです。安心な暮らしをサポートするサービス「くらしすたんと」内にて、新たに暮らしのDX化を推進するサービス「くらしすたんとforDX」が誕生いたしました。
公式サイト:https://pm.classistant.jp/
プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000033366.html

お問い合わせ先

【読者・一般のお客様からのお問い合わせ】
株式会社グローバルキャスト セールステック事業部 担当/成田
MAIL:salestech@global-cast.jp
TEL:052-433-7184

【本リリースに関する報道関係者のお問い合わせ
グローバルキャストPR事務局 担当/菅沼・谷口
MAIL: gc.irpr@global-cast.jp
TEL:052-265-9288/FAX:052-433-7178

【関連リンク】